HTML5による物理シミュレーション環境の構築 ~WebGLライブラリThree.js 入門

カテゴリ: (タグ:

本稿では新しいWEBページ用の言語であるHTML5+WebGLを利用して、 ウェブブラウザ上で、物理シミュレーションの計算と描画をリアルタイムに実行する「物理シミュレータ」の作成までの手順を記述します。 本稿では、物理シミュレータの例として、任意の初期条件に対する2重振り子の時間発展を4次のルンゲクッタ法を計算する「2重振子シミュレータ」を構築します。また、本稿では WebGL を簡単に利用することができるWebGLライブラリとして著名な Three.js を用いています。物理や工学とは無関係に、初めて Three.js を利用する人がチュートリアルとしても利用できることも意図しております。

目次:HTML5による物理シミュレーション環境の構築 ~WebGLライブラリThree.js 入門

パート1

パート2

パート3



関連記事


その他のサイトの更新情報(遠藤理平)





Latest 最新記事一覧

人を嫌いになることで創り出してきた「合意」の世界から、人を好きになることで生み出せる「共感」の世界の創造へ 2015.05.05遠藤 理平|】
ここは何処でしょう?甲冑だらけの役所。 2014.10.11遠藤 理平メモ
講演予定:HTML5とか勉強会 in SENDAI 2014 2014.02.10遠藤 理平|】
講演予定:2件 2013.12.03遠藤 理平|】
講演予定:HTML5 Caravan 仙台(2013年10月3日) 2013.09.25遠藤 理平メモ

Archive カテゴリ